初春コンサート2019 演奏者
河原 伴子
Tomoko Kawahara
箏(そう)
東京藝術大学音楽学部邦楽科生田流箏曲専攻卒業。第2回賢順記念全国箏曲コンクールにおいて1位である「賢順賞」受賞。文化庁主催芸術インターンシップに選ばれる。ヨーロッパ各地、アメリカなど国際交流基金派遣、助成による海外公演を経験し箏のソリストとしてプラハ室内オーケストラ、九州交響楽団と協演する。1999年、CDシンビエント・ワールドをリリース。現在は沖縄に在住。生田流箏曲宮城会師範。箏曲鶯絃会所属。2017年、初の姉妹でのジョイント箏・十七絃リサイタルを東京・福岡にて開催する。
松本 さくら
Sakura Matsumoto
バイオリン
東京藝術大学音楽学部卒業。2004〜05年、アクロスヴァイオリンセミナー受講。アクロス弦楽合奏団として、第22回福岡県文化賞受賞。イギリスのLake District Summer Music、霧島国際音楽祭、おぢか国際音楽祭、防府音楽祭において多数の講習会やコンサートに参加。2015年4月には松本さくらヴァイオリンリサイタルを開催。同年、大賀薬局主催のコンサートにて九州交響楽団と共演。アクロス弦楽合奏団、OMURA室内合奏団メンバー。2016年より、Bar CAVALLO the salonミュージックディレクターを務める。